【自分に自信がない】と思ってる方へ!後半はリーダー向け、人に自信を付けさせる方法解説!

人生 仕事 考え方

こんにちは。まるです。

現在、美容サロンの店長やりつつ
人材育成をやっているのですが、
新人スタッフを育成するにあたって、
【自信がない】
このワードを良く耳にします。

じゃあ、逆に聞きたいのですが、
あなたにとって自信がついた!
と自信を持って言えるのは
どんな状態の自分になった時ですか?

私はスタッフの子に同じ質問をしました。
そしたら、答えられなかったです。

自信はあってないようなものなんです。

周りで自信があるように見える人がいるのであれば
それは自信があるように見せかけてるだけであって
本心ではないと思います。(根拠のない自信)

私が知っている限り
優秀な優れてる人材ほど謙虚で
自信があるように見せるのがとても上手です。
しかし、裏では現状の自分に満足しておらず
常に向上心を持ち
学びの姿勢が素晴らしいです。

反対に、すごく自信を持っていて
自分のことを過信してるような人ほど
大した実績もなく、お金と時間を浪費して
愚痴や不満を良く言っている人が多いです。
変化することを恐れ
向上心がないように思えます。

結論:自信は持たなくて良いです。

 

やってはいけないのは
【自分は自信がないと決めつけること】です。

自信があるかないかはあんまり関係なく
自信があればうまくいく訳でもないし
自信がなければうまくいかない訳でもありません。

ただ、思い込んでしまうと

自信のない人間に
どんどん近づいていってしまいます。

思考は現実になってしまうので。
そんな事したらもったいないです!
全ての人間に十人十色の魅力があります!

私は、悩んでるスタッフに
『自信は持たなくても良いから
自信がないと思わないでね』と伝えてます。

案外、自信がないと思ってるのは自分だけで
他人はそんな風に思ったりしてないので

大丈夫です。気にする必要は一切ありません。

一つ一つの積み重ねが
振り返った時に知らぬ間に自信となっているのです。

自信を付けたいのであれば
一番大事なのは行動する事です。

行動もしないのに自信がないと
言ってる人を良く見かけます。
口を動かす前に行動しましょう。
その行動の積み重ねが
自分の経験値になり
いつかきっと、評価してくれたり認めてくれたり
自信をつけてくれる人に
出逢えると思います。

初めてやることに対して
自信がある人なんていないです!
もしいるのであれば会ってみたい^_^

根拠のない自信を持ってみる

先ほど根拠のない自信と書いたのですが
根拠のない自信を持つことも大事と
ホリエモンが言ってます。
↓気になる方はこちらの本を是非読んでみてください。

自ら口に出して言うことにより
自分自身にもやらなきゃという
軽いプレッシャー(良い意味の)をかけることができ、
動き出せる人もいると思います。

私もどちらかと言えば
根拠のない自信を持つタイプです。
本当は自信なんてないのに
あえて周りに公言することで、
やれてない自分はプライドが許さないので
なんとしてでも『やってやろう!』
という気持ちになります。

その根拠のない自信で
人生うまいこといってるので結構効果ありです。
ただし、同じこと言いますが、
行動するのは必須です。

行動し続ければ必ず自信はついてきます。

 

ここから先は店長、リーダー向けのお話をします。
興味のある方だけ読んでいただければと思います。

働いているといろんな性格の子がいると思いますが
ネガティブな子の声かけはなかなか難しいですよね?
どうすれば自信を持ってくれるのか・・・
そんなことを考える日々だと思います。

私は今現在も店長として
お店作りや売上アップに携わってるのですが

一人一人の個性を上手く伸ばして
一人一人が伸び伸びと仕事をしてくれた方が
いろんな意味で最強のお店になると確信してます。

実際に、私のお店は
働きやすさもチームワークも売上も最強です!
全て上手くいくことができてます。
それもスタッフがどんどん自信を付けて
向上していってくれてるからです。

そんな私が心がけてる事は
褒める・認める・見守る・考えさせる
そして一番大事なのが
スタッフのモチベーション管理です。
ここのポイントさえ抑えることができれば
スタッフが変わりお店はレベルアップすることができます。

大前提として、店長やリーダーが
自信なさげにしていたら論外です。
もう一度この記事を初めから読んでください。

順番に解説していきます。

1.褒める・認める

人間誰でも、褒められるのは嬉しいし
いつまで経っても褒められたい生き物です。

店長やリーダーになると
仕事や責任感も増え自分自身にいっぱいっぱいになり
なかなかスタッフとのコミュニケーションが取れなかったりします。

だけど、そんな時でも
スタッフの子たちにしっかり目を向け
ちょっとした変化や成長を見逃さず
常に観察しておくことがかなり重要です。

店長は『私のことちゃんと見てくれてる』
とスタッフに思ってもらえたら
あとは自ら成長していってくれます。

だけど、『私のことちゃんと見てくれてる』
と思ってもらうには
日頃の積み重ねがすごく大事で、
見てるフリだとすぐ見ぬかれます。

存在を認めてあげて、
上手くいったらたくさん褒める。
一見単純なことですが
全てのスタッフに平等に行うのは
なかなか難しいです。
少しづつで良いので、やってみてください。

2.見守る・考えさせる

自信のない子たちは特に
自分の考えを発信する前に
聞いてくることが多いです。

それを癖つけてしまうと
その子の成長が止まってしまうので、
できるだけ自分で考えさせて行動するように
サポートしてあげることが大事です。

見守りつつ、『ん?』と思った時だけ
アドバイスをしてあげる。
とやかく口出ししないことが大切です。

その子が自分で考えて行動したことで
お客さんから嬉しい言葉がもらえた時には
その子の自信にもなりますし、
店長としても誇りになります。
見守る姿勢がオススメです。

3.モチベーションの管理

これに関してはプライベートではなく
仕事面のモチベーションです。
仕事に関する自分自身のモチベーションを
上手くコントロールできない子はたくさんいます。

その変化に一番に気づいてあげて、
なぜ落ちてるのか原因と解決方法を
一緒に考えてあげるのです。

可能な限り解決策を実行してあげて
スタッフのモチベーションを
高めに保てると一番理想です。

 

なぜモチベーションが大事なのかというと

モチベーションがお店の売上に直結するからです。

 

売上ばかりに目を向けてる
リーダーには誰もついてきません。
人は自分に目を向けてる
リーダーについていきたいと思います。

これはめちゃくちゃ基本中の基本だと
私は思うのですが、
売上にしか目を向けてないリーダーが
世の中にはたくさんいるのです。
そんな人たちをいっぱい見てきました。

しっかりとスタッフに目を向けて
向き合い、大切に思うことができれば
スタッフ自ら頑張るようになり、
お店の売上も自然と上がっていくのです。

スタッフの【モチベーションが売上に直結】など
こういった世の中の
『仕組み』にさえ気づくことができれば
いろんなところで応用できるようになるものです。

そしてこういう仕組みは至ってシンプルなのです。

難しく考えずにシンプルに。
褒める・認める・見守る・考えさせる
を意識していくとスタッフが、お店が変わりますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nintendo Switch Lite ターコイズ
価格:21978円(税込、送料無料) (2020/1/12時点)